次は苗市。

2018/05/15 19:47 | コメント

さぁ次のお楽しみは5月27日に開催予定の「苗市」です。
我が家にてひっそりと開催します◎

種を採り続けて10年以上。何年だろう。。

種&畑オタクの旦那が選び続けた種たち。

それを落ち葉&米ぬかの温床で毎日毎日温度を見ながら、今年は特に温度差が激しく大変ですが、自然の熱を利用し大事に育てた苗です。

(今日の様子)

トマト8種類、きゅうり、バジル、なす、ブロッコリー、ピーマンなどなど。

販売致します!

今年はスペシャルランチをご用意しています。数に限りがあるので大きな声では言えませんが。。
Cou屋さんとコラボしてcou屋さんのパン×自然農法のサラダミックス=スペシャルサンドイッチをご用意します◎

キャー言っちゃった笑

みなさんこっそり来てください◎


動楽市へ。

2018/05/14 19:56 | コメント

動楽市ありがとうございました◎
新しい市庁舎との連携、多くの人で賑わい、ふれあい、くつろぐ。これぞまさに地域交流拠点◎やっぱり動楽市はすごかった~。

片品村からもたくさんの方にお越しいただきありがとうございました!

午後は雨で残念でしたが、雨が降って周りを見渡すと、出店者のみなさまのレベルの高さに驚き!
こんな場所に私たちも出店させていただけるなんて。。改めて感謝感激です。

どのお店も3㍍×3㍍のテント内に作品の世界観を出していて。。
それに比べてうちの店。。隠しておいたティッシュBOXは出てるは試食のタッパー、もう少しお洒落なのにすればよかった。。とか、帰りの車内は反省することばかり(笑)

私たちの世界観をどうやって表現していくか。。課題も見えてきました。

刺激を受けてまたもや創作意欲が湧きまくり、全然眠れなかった笑

ブースに足を運んでくださったみなさまありがとうございました!!!

コンフィ大好評でした。召し上がっていただけて嬉しい!!!

 

 


自家採種の苗。

2018/05/11 21:59 | コメント

しつこく宣伝です(笑)

動楽市では苗も販売します!

自家採種して10年以上。

落ち葉と米ぬかの自然熱を使った温床で大切に育てたトマトとバジルの苗

片品村のみなさんには霜の影響を考えて5月27日の苗市にて販売します◎

うーん。iikarakanはもはや何屋さんだかわからない。。マルチな今時の百姓です!


大白大豆のコンフィ。

2018/05/11 21:55 | コメント

ドドドーンと作りました!


大白大豆のコンフィ◎

自然農法の大白大豆とにんにく。
シェモアさんの生ハム。
オーガニックスパイス、わじまの塩

たっぷりオリーブオイル。

オイルまでぜひお召し上がりください。

最後の一滴まで楽しめるように、瓶にも一工夫しました◎

POPは一枚一枚手書きしました。

何度も試作を重ねて、やっとやっと私たちのコンフィが見えてきました!! 愛情たっぷりの大白大豆コンフィ5月13日の動楽市で販売します。

1つ580円です!
試食もたっぷりご用意してますのでぜひぜひ食べてみてくださいね。

配送も致しますのでご連絡ください◎


動楽市に向けて。

2018/05/11 06:38 | コメント

男の隠れ家に潜入!

ここでひっそりと煮て磨かれた熊の爪を入手◎

炭×熊の爪 アクセサリーに。

昨日は保育園のバス旅行でしたが帰るとすぐに、休むまもなく友人から譲ってもらった水道管テーブルのペンキ塗り。

思い立って、その辺で見つけた錆びた三角フォーを分解して看板に。

動楽市まであと3日!


味噌仕込む終了!次は動楽市◎

2018/05/11 06:31 | コメント

今年の味噌仕込み、終了しました~!
27家族分、全部で1200キロ仕込みました◎
とにかく豆にまみれた一ヶ月。

最後はみなかみ町ママたちの味噌を仕込みました。

みんながコネコネしてる間にミンチした大豆で大豆コロッケを作ってランチ♪


アスパラと沼須かぶはグリルで焼いて、甘くて美味しい!

今年初の自然農法のサラダ
秋に植えて雪の中で冬を越したサラダたち。それはそれは美しくて、すーっと体に馴染む。

オリーブオイルの大白大豆コンフィと一緒に食べればドレッシングはいりません。美味しさがパワーアップ◎

今年の味噌仕込みありがとうございました。今年もまた大豆をたくさん作って、来年も変わらずワイワイ味噌仕込みができますように♪

さぁ次は4年ぶりに出店予定の動楽市です!!!

商品開発中の大白大豆のコンフィもこちらにてお披露目します。

みなさんに食べていただくのが楽しみです!

5月13日にお会いしましょう~。


GW!!!

2018/05/05 21:06 | コメント

ここ何日かとっても濃厚な毎日でした。順序はバラバラになってしまいましたが・・。

Tnしありー’Sの皆さんに声をかけていただき、味噌仕込みの合間に炭アクセサリーワークショップ。

Tnしありー’Sって[利根沼田.しあわせ.あつまり.りそうの会]なんだそう。こんな素敵な女性農業者の方々がいるのね~。活気に溢れてて、すごく刺激をもらいました。

その様子はこちらから

5月3日には沼田の[手作りの輪]さんの主催で味噌仕込みを開催しました!

利根沼田のご縁が繋がり、楽しい時間でした。

その様子はこちらから

みんなの味噌仕込みが終わり、お昼を食べたあとに、「炭アクセサリー体験したいのですが・・」と問い合わせが!

実はこの春から片品村の観光案内に炭アクセサリー体験を紹介していただいております◎

なんと、そのパンフレットを見てご連絡いただきました!!!

もちろん初めての問い合わせ♪ き、きんちょう・・。

でしたが、とっても気さくなファミリーですっかり打ち解けてしまいました。

お母様が作った作品がとってもお似合いで素敵でした◎

ちょうど、みんなで作ったよもぎ団子があったので、団子に自家製あんこ、甘酒も召し上がっていただきました。

パンフレットを見て初めて足を運んでくださったお客様。本当にありがとうございました!!!

そして昨日は「ほたかね桜まつり」でした。

こちらでも炭アクセサリーのワークショップをさせていただきました。素敵な木造校舎の中でのんびりワイワイ楽しくみんなそれぞれにとってもお似合いの、私には思い浮かばないようなピッタリの作品を作ってました◎

その様子はこちらから

娘はどこに行ったのかと一度外を見に行くと・・

セーラームーンの衣装を着てステージに!!!!

アナ雪歌ってました・・・。

こうやって皆様に育てていただくんですね・・・・(笑)

 

楽しいGWもあと1日。明日はまた豆を煮ます。


今年も開催しました!

2018/05/01 19:07 | コメント (2)

賑やかなGWが始まりました!お天気に恵まれた3日間。
28日はちびっこたちの味噌仕込み。初めてのママからベテランママ(?)まで、保育園状態だったけど、意外とみんな最後まで楽しんで混ぜ混ぜ。

 

29,30日は「かたしな高原」さんとのコラボ企画味噌仕込み。今年も開催しました。

初日は半日かけて30キロの豆を煮ます。

その横にテントを広げ勝手にオープンした炭アクセサリー&リースのWSブース、娘のお絵かき屋さん。

なんでも自由にできるのが田舎暮らしの良い所。

最終的に集まるのは近所の(里帰りも含め)子供たち。

自分よりはるかに絵がうまい、少し年上の出現に、目を輝かせ「あのお姉ちゃん、すごい上手!!」と、興奮◎

味噌仕込みのあと、羽釜でご飯を炊いて、春の恵みいっぱいの味噌汁作り、豆料理を出してお庭ランチ。

参加してくれた3才の超かわいい都会っ子がクールに一言。
「こんなに美味しいご飯は初めてだ。。」

その言葉に片品村スタッフ一同、心を鷲掴みされました(笑)

さぁどんな味噌になるのかな~。それぞれの味、楽しみです!


味噌仕込みイベント開催します!

2018/04/25 18:03 | コメント

毎日毎日、糀仕込みと味噌仕込みの連続です。

て、て、て、手がいっぱい。

ママが作った大豆で家族の味噌を作ります。
もう何年も味噌仕込みしている子どもたち。手慣れたものです◎

 

毎年、一家族30キロ以上でしか味噌仕込みを受け付けてなかったのですが、それじゃあ多いよ(笑)という意見もあり。。

たくさんの人が参加しやすいように、今年は「手作りの輪」のみなさんとこんな企画をやらせていただくことになりました!!

味噌仕込み詳細

みなさま、我が家にてワイワイ味噌を仕込みましょう。

5月3日

5キロ3250円からです◎

午後は近所の散歩したり、炭アクセサリー作ったり、川遊びしてもいいし。何でもありです!

ご参加お待ちしてます。


野草バンザイ!

2018/04/25 17:53 | コメント

春は食べ物がいっぱいある~!

今年はつくしが早く出てきたので、もう最後かな。

たくさん摘んだのはいいけど、はかまをとるのが面倒。

すると。。娘が一人ではかまをひたすらとる。とる。とる。小一時間集中してきれいにしてくれました◎

野菜を進んで食べなかった(今は少ーーし食べます)娘、なぜかヨモギが大好物なようで、ヨモギを採ってきて、「天ぷらにして~」って。

この時期はタダで食卓が豊かになります◎

美味しそうなヨモギがたくさんあるので、保育園が終わって集まった子どもたちとみんなで、大好きな絵本「ばばあちゃんのよもぎだんご」を作りました。

ヨモギを摘んで茹でてきざんで、こねて。

「私がやるー」「早くかわってよ」
常にもめてる自己主張強い4歳児たち。


で、ここからが出番というときには飽きてる。。

近所の小学生が最後まで頑張ってくれて、なんとか出来上がりました。