妄想タイム

2006/09/07 20:09 | コメント (1)

20060907200955

農作業をしている時間は私にとってとても貴重です。
ひたすら草引きをしながら自分の妄想にふけるのです。
アクセサリーのデザインや大白祭の企画など。
今日もたくさん妄想しました〜
現在の豆の様子。もう少しで枝豆かな。


自然農法!?

2006/09/06 22:16 | コメント

20060906221623

尾瀬ドーフの大豆畑
一番広い、一兆七反の畑が現在、草で大豆がどこにあるかわからない。
去年より雑草がひどすぎる〜
頭がおかしくなりそう。
この写真わかりますか?右下が鎌で草を刈ったあとに大豆がでてきた様子。
こんなになってしまった原因をよ〜く考えた。
原因
1.去年 収穫終了後すぐに堆肥を撒くはずが雪が降り春まで延期した。→雑草の種が残った。
2.長雨が続きカンリキがあまりうまくいかなかった。
3.長雨で作業が遅れたため雑草とりを根元からとらず鎌で刈ったため、大豆の開花中、一気に伸びた。
つまり去年から引き付っているんだ〜
でも一番の原因は、私と長野からきた研修生エイチャン、そしてユミッペで開花前に、この畑にメチャメチャ追肥をしたことなんじゃないか?と実は思っている。
この畑だけやたらと雑草が大木みたいになっているから。
雑草が元気な中、大豆も沢山ついているのでご安心を。
今初めて畑に来た人はひどい畑で驚くんじゃないかな、、
社長ごめんなさい。
来年はこの種がこぼれるからさらに雑草が増えるのか?


皆様にお知らせ

2006/09/06 22:16 | コメント (1)

尾瀬ドーフの恒例イベント「大白祭」が10月14、15日に開催される。
今年から農協の収穫祭と合同です。
私たちGMPも企画から大白祭に参加し、盛り上げたいと思っている。
私の企画は、題して
「尾瀬ドーフプレゼンツ つなげよう!片品の農・食・観光 そして環境へ」
片品の新発見と、尾瀬ドーフの企業理念・取り組みそれが環境問題、自分達の環境づくりにつながっていくことを大白祭から発進していく。
企画内容
1.農
特産品販売。
大白大豆畑ツアー
2.食
大白コンテスト→大白のもの、なんでも(豆腐・豆乳・おから・きなこ・しょうゆ・味噌)使用した惣菜・菓子など料理
尾瀬ドーフは好評の豆乳ソバ、豆乳入りつめっこ、揚げだし豆腐を。
地元の人やGMPメンバーも出場予定。(サトチャンは七輪でおから煎餅を焼くらしい、はりきってます。)豪華賞品あります!
体験→・ジャム、おやき、漬物など
お抹茶、休憩スペース
3.観光
尾瀬太鼓
ペンション村の出店。
体験→ドライフラワー・ラベンダーポプリ
カタカタ炭アクセサリーもでます!
4.環境
社長講演。
大根の土壌改良についても誰か講演していただきたい。
水のスペース
などなど。
まだ思案中ですが皆様ぜひ参加し、手伝いに来てください!
よろしくお願いします。


一日三役。

2006/09/03 21:09 | コメント (1)

20060903210920

尾瀬ドーフの無農薬大豆。現在、実がなり草だらけの中、順調に成長している。
今朝は畑に入り草引きを。
午後は群馬県食文化研究会の皆様、総勢42名尾瀬ドーフの見学に。
社長は本日、六本木ヒルズにて講演のため、私たち畑チームで歓迎した。
単身で都会から来ている農場長、山造りをしているシイハラさん、そして私。
それぞれいいたい事言って終了した、、。
夕方はいつもお世話になっている観光農園、遊楽木舎のお手伝いに。
今日は大学生の団体がソバ打ちとピザ、バームクーヘンを体験。
写真は竹を使ってバームクーヘンを焼いている様子。
やりたいことが沢山で体が一つじゃ足りないよ〜。


トマトのパスタ

2006/09/02 23:45 | コメント (1)

20060902234543

我が家の改装を応援してくれている(木材や道具をいただいてます。)隣村に住むヨシダさんは、家具を作ったり大工をしたり、とにかく多才で素敵なおじさんです。
しかも銀座や自由が丘でレストランの経営経験もあり、いつもおいしいパスタを作ってくれます。
いただきものをする上にごちそうになるばかりで、私にできることは「よっちゃんファーム」の野菜をおすそわけすること。
今日は採れたてトマトとオクラのパスタ。
さすがプロの味!


すっかり秋

2006/09/02 23:45 | コメント

20060902234531

一週間の間に片品はすっかり秋です。
寒くて長袖を着ています。
都会で遊んでいる間に大豆は腰丈まで成長し、その分雑草も伸びました、、。
でも夏の間しっかり草引きしたので大豆に影響を与える草は少ないです。
夜は満点の星空をみながら、また明日から草引きの日々が始まります。


空虚

2006/08/31 23:10 | コメント (1)

映画のDVDを9本借りている。片品ではテレビすらない生活だが、実家に帰ると映画をミダメする。
ただ映画を鑑賞するわけではなくて、いろんな時代・年令・性別はもちろん、その人の立場・背景・心情を理解できるように訓練しながら見るのだ。
そのように見方を変えると、なんとなく日々の暮らしの中で人との接し方が変わってくる、、と私は思う。
「ロスト・トランスレーション」
一番印象に残った映画。今回の横浜生活で感じた空虚さに拍車をかけた。
主演女優のスカーレット・ヨハンソンは知的・聡明、内に秘めた美しさがある。満たされた生活のはずなのに、なぜか空虚で孤独だ。
若い女性の心情をうまく表している。
その空虚さを表現するために監督はきっと「東京」という場所を選んだのだろう。
日本の豊かさを新宿のネオンで表し、ただ楽しいだけのテレビ番組やカラオケ・ゲーセンで遊ぶ日本の若者。要するに見た目だけで中身が薄い・心が貧しい。
映像・音楽ともにセンスがよくて日本を代表するクリエイターも所々で出演し、今の日本を象徴しつつも、日本をバカにした映画だと思う。
でもこれは現実で、バカにされていても気付かずに通り過ぎていく。
気付いた人は立ち止まり生きる意味を見いだそうと必死になるが自分を追い詰めるだけで空虚さが残る、、。
映画「マザーテレサ」でテレサが言った「貧困による飢えは救えても、都会の心の飢えを救うのは本当に深刻だ。」と。
グットマザープロジェクトという生活塾で、そういった生きる意味を見いだそうと模索する人、素直に向き合う人、、ただただ受け入れよう。一緒に学び、未来を夢みたいと強く思った。


横浜生活2

2006/08/31 21:58 | コメント

20060831215820

私は横浜でも元町・中華街のある、まさに中心地に住んでいる。
この街は悲しくも流行に敏感ですぐに新しいことを取り入れ街の景色が変わる。
よく行っていたカラオケ屋が今のブームである岩盤浴に姿を変えていた。
岩盤浴とは北海道産ブラックシリカという鉱石のベットに熱を加え寝そべる。
ものすごく汗をかくが、その汗は拭き取るだけで保湿効果があり、老廃物を流し代謝をよくするそうだ。
ここでのサービスに驚く。タオル三枚、着替え、ミネラルウォター、清潔な更衣室、アメニティー、トイレは勝手に弁座が上がり、勝手に洗浄してくれる。
快適すぎる!
朝、10時からきれいにペディキュアしたおばさま達が、岩盤浴で汗を流している。
まるでバリにでもいるような内装で心身ともにリラックスした後、親子でフランス料理のランチを。
ここでもきれいで品のあるおばさま達が優雅に食事をしている。
体によくないおいしいものを食し、岩盤浴で老廃物だと汗を流すのか。
街を歩けば、死んだ顔をした男性が多い中、女性はきれいにお化粧し着飾って街を歩く。
彼女達の生活がまったく見えない、、。
片品のおばさん達は、朝から晩まで農作業をして汗を流し家事をこなす。
お世辞にもきれいだとは言えないし、品があるわけでもない。
なんとなく心に穴が開いた気持ちになった。
私は海外旅行にでも来たのか!?
このギャップはなんだろう!?
物が溢れる都会では、差別化をはかるため確かにサービスが向上し、スタイルがよく、きれいな女性がマニュアル通りに笑顔を添えて接客する。
真っ黒に日焼けして、やたらとがっちりとしてきた私とは正反対。
まるでトマトのようだ。
フルーツのような甘いだけのトマト。
片品のトマトは酸味があってどこか土の匂いがする。
近年、ロハス産業は急激に伸び二兆円を超えるという。
ロハスってなんだ?
ただ、ただ空虚だ。


横浜生活

2006/08/31 21:30 | コメント

20060831213021

私の母は助産師。女性は手に職だ!と小さい頃から言われていたが娘は思い通りに育たなかった、、
3年前、私が片品へ行くことに母親はもちろん、家族、友人誰一人賛成してもらえず、「生きる力を養いたい」と言えば「みっちゃんは変わった、、」と言われ随分淋しい思いをしていた。
それが3年経ってまず、一番反対していた、母親が変わった!
父親との3度、片品訪問で見方が変わったようだ。
特に炭アクセサリーをかなり売ってくれている。
みなさん気に入ってくれているようで嬉しいです。
その売り上げで岩盤浴と元町でランチ♪
炭アクセサリー新作の写真☆


阿波踊り〜

2006/08/28 21:37 | コメント

20060828213718

5月に企画したファームウェディングが縁で今年初めて、阿波踊り大会を見に行くことができた〜
すごい熱気!すごい迫力!
飲んだくれのイメージしかなかったみんながプロの芸人のように華やかに舞っていた!
かっこいい!!!
何事も出会いから始まるね。新しい世界を知りました。感謝、、
それにしても新婦のもえちゃんが大太鼓だったなんて信じられない〜
皆さんまた片品村で阿波踊りしてくださいね。
来年はいい席とって見るぞ〜