鹿が〜

2006/05/17 17:48 | コメント

20060517174818

自家菜園に鹿が現れ、せっかく植えたレタスを食べられた、、
網をしなくちゃ。
人間がよっても、全然逃げないんだよね。


炭焼きの日

2006/05/16 15:36 | コメント (2)

20060516153607

炭の入れ替え日。
ナラとクヌギを焼いています。
師匠のお家にテレビ撮影の下見がきました。
「いただきマッスル」という番組で炭焼きの手伝いをする代わりに郷土料理をごちそうになるという内容で、近々有名人が片品にやってきます!
その時のためにリハーサル、今日の昼食は岩魚の炭火焼きです。
炭火だとふっくらしてて美味しいんです〜


水芭蕉

2006/05/15 19:51 | コメント (1)

20060515195142

片品村をご存じないという人も多いと思いますが、片品村は尾瀬の入り口なんです。
畑の帰りに満開の水芭蕉を見てきました。
尾瀬の入り口、大清水です。


雨の益子へ

2006/05/13 22:36 | コメント (3)

20060513223625

今日は雨のため畑を中止して、栃木県益子町へ。
一年ぶりに大好きなジャムラウンジとスターネットへ行くのが目的。(ここへ行くと創作意欲がわくんです。)
ジャムラウンジにある、ひょうたんランプいつも「いいなぁ〜」と思っていたら、ショールームができたと聞き行ってみました。
作家さんの佐藤さんは、とても穏やかな方で話をしてるうちに、ひょうたんの苗をあげるから栽培してみて!と苗を沢山いただいちゃいました。
ランプも一つ購入し今回も大満足な益子訪問でした。
農業はこんなことがあるから雨の日でも楽しみ方は自分次第。
早速よっちゃんファームに植えて佐藤さんに買い取ってもらえるように、ひょうたん栽培頑張ります!


自家菜園

2006/05/11 19:24 | コメント (5)

20060511192417

日本の食料自給率は40%
そのうち67%が60才以上。
この飽食の時代なのに、、初めて知った三年前、ショックだった。
だからといって皆で農家になりなさい!とも思えず私がだした答えは自分で食べるものは自分で作る!
農薬をバンバン使う農家だって自家用には無農薬だったりするのをみると、自家菜園ってなんて愛のこもった畑なんだろう〜って思う。
高齢化社会の中で今のうちに最低限の食料は自分で作らなければ、、
それが食育だったりするはず。
そんなわけで今年は自家菜園に挑戦します。
いきなり一人ではできないので、もちろん無農薬で自家用野菜を作っている、「よっちゃんファーム」で教えてもらいます。
今日はレタス、きゃべつ、ブロッコリー、水菜を植えました。
写真はレタスです。


我が家

2006/05/10 19:48 | コメント

20060510194818

我が家はプレハブ小屋です。友人が泊まれるように広〜いお家を借りました。片品は、家賃も安くて月5万円あれば生活できます。
しかし、何かしら問題がある、、
冬、20年も空き家だった家に住んだら水がでなくなり、水を運ぶ生活を3ヵ月しました。都会生活の私には涙の日が続きました、、
今度のお家はカビ臭いと思ったら、床が腐ってる〜
色々な人に助けられ現在、床を修理し水道も工事し、家具もいただき徐々に家らしくなってきました!


苗床

2006/05/09 21:33 | コメント

20060509213358

大白大豆の苗床が完成しました!
23日に蒔く予定です。
気持ちのよい季節になりました。
山にはやまぶきの花が咲き乱れています〜


畑ができました。

2006/05/09 13:21 | コメント

20060509134455

堆肥撒きに続き開墾も終わり、やっと畑らしくなりました。


水源地

2006/05/08 20:00 | コメント

20060508215501

今朝、大家さんに「みっちゃん家の水源を見に行こう。」と言われ裏山に案内してもらった。
自分の飲む水がどこから来るかなんて都会じゃ見れないし、考えないよね、、
初めて見る我が家の水源、水に対する意識がかわります。


とりあえず打ち上げ

2006/05/08 20:00 | コメント (2)

20060508215459

5月5日手作りファームウェディングは天気が味方して無事に終えることができました。
りんごの剪定車での人前式に始まり、鏡開き、アフリカンダンス、高円寺から阿波踊り、最後は片品村の八木節が入り 盛り沢山の結婚式になりました。
指揮をとっていたため写真をとる余裕がなかったので入手次第載せますね。
大勢の方にご協力いただいてホントありがたかった、、。
二人らしさが100%だせたね。
結婚式って特別なものだと思っていたけど、結局は日々の生活の延長であって、それを感じられる式だったな。
尚&もえ とっても素敵でした。おめでとう。