夏野菜から秋野菜へ。

2018/10/06 19:37 | コメント

行商の野菜たちもすっかり秋のラインナップ。

夏野菜との入れ替わりです。

食卓のメニューも考え深いものに・・。

題して

『去り行く夏を噛み締めて、実りの秋到来。』

朝ごはん

最後のなすとピーマンは悩んだあげく、なす味噌に、最後のキュウリは糠漬け、糠漬けには赤カブが加わる。

収穫してしばらく追熟したかぼちゃは煮物で食べたあと、残りを玉ねぎ・豆乳・塩麹でスープにする。

片品名物「とうもろこし街道」で炭火焼きしたとうもろこし。
いつも余るといただいていた。

「今年最後のとうもろこしだよー。」って。娘の大好物。おばあちゃん、いつもありがとう。

夏野菜たち、さようなら。そして、ありがとう!しっかり種を残します。

食欲の秋、食べ過ぎ注意(笑)

旬をいただく生活。自然と感謝の気持ちが生まれますね。

夜ごはんには届いた秋刀魚を見て、すぐに炭をおこす。そんな環境がありがたい。

炭火はなんでこんなに美味しくしちゃうんだろ~。 秋刀魚以外はオール自家製野菜。

サラダ、絹さや、ポテトフライ、大根葉じゃこ、大根おろし

紅芯大根という赤い大根をすりおろしたらこんなにきれいなピンクになった。





トラックバックURL: http://iikarakan.81s.net/2018/10/9872/trackback/