池田町の帰り道

2008/01/14 22:54 | コメント (2)

20080114225400

kaiさんと私を福井駅まで送ってくださった「緑のふるさと協力隊」のK君。
途中、素敵なオーガニックカフェに連れて行ってくれました。
「Rico」というカフェ。かわいい女の子2人で経営しています。
池田町の廃油を使ったエコキャンドルナイトにも参加。なんとなく価値観の合いそうな二人。
K君もそう思って連れてきてくれた。
写真の通り、素敵な笑顔の超自然体な二人。
でもメニューやお店から二人が大切にしたいことがしっかりと伝わります。
農業にももちろん関心がある。
店長さんは「NHKのライスショックを見たとき、とにかく米を食べなきゃ!と思って店のランチをパンからご飯に変えた。私にできることは小さいことかもしれないけど。。」
横を見ると、kaiさん涙。。
最近kaiさんは私の炭アクセサリーを沢山買ってくれる。
大量買いして炭アクセサリーをきっかけに若い女の子と話すらしい。
涙しているkaiおじさんはこの時も二人に炭アクセサリーを披露。
二人は炭アクセサリーを超気に入ってくれた!!
IMG_4847.jpg

kaiさんは「炭」についてかなり研究して、何度も雑誌で記事にしたらしい。
今でこそみんなが知っている、炭の効能を広めたのは実はkaiさんの影響がかなり大きいのだ。
なのでkaiさんからしてみればそんな炭のかけらがアクセサリーになり、こんな風に若い女の子が喜んで身につけてくれるのが夢みたい!なのだ。
喜んで炭アクセサリーを試着している二人を見てまた涙のkaiおじさん。。
「炭がな。。信じられないよな。。嬉しいな。。」
kaiさんの仕事に対する想いがずっしりと伝わってきた。
彼女達の素敵なお店と池田町が近々きっと繋がるだろうな。
そしてもっともっとキラキラ輝く人が増える!!
足取り軽く帰路に着く。私でした!!!


2件のコメント

  1. rico on 2008年1月16日 10:38

    カフェリコに来ていただいて
    本当にありがとうございました!!
    ミチコさんの、炭アクセサリーすごく気に入ってます、デザインもめちゃかわいいし、つけてると体がほわっとします。
    本当に大事にしますね!
    炭のもつパワーを世に広めるきっかけとなった甲斐さんに会えて、それを斬新な形でアクセサリーにして若者の心につなげるミチコさん。会えて本当に嬉しかったです。
    私はただ自然に逆らわない生き方をしていきたい、お店もやってみなきゃわからなかったです。
    流れに沿って、今出来ることを受け入れて。覚悟して楽しむ。これが私の生き方だと思っています。
    農業への興味は増すばかり。
    タイミングがきたら、片品町にはぜひ行かせていただきます。
    これからもミチコさんの活動を楽しみにしています。頑張ってください。

  2. ミチコ on 2008年1月17日 09:30

    ricoさん
    ありがとう!
    とても素敵なカフェでした。
    ものすごく気に入りました!!
    流れに沿って、今出来る事を受け入れる。
    ウンウン。
    多少背伸びしてみたり、欲張ってみたりしたコトもあったけど、結局出来ることってそんなにない。
    一歩づつ、進んでいくと、気づけば色々繋がってたり。。
    ricoの素敵な二人がこれからもますます沢山の人を幸せにしていくでしょう。
    前進すること。学ぶこと。発信すること。
    池田町のみんなとコラボするとまた新しい発見と発信ができると思うよ。
    いいな〜私も手伝いたいよ。
    これからもよろしくね。
    片品にもいつでもいいからぜひ来てね。




トラックバックURL: http://iikarakan.81s.net/2008/01/3080/trackback/