森林(ヤマ)の会

2006/11/13 06:51 | コメント

20061113065146

「炭は地球を救う」の著者、宮下 正次先生が代表の「森林の会」主催で「国産材住宅はきもちがいい」と題した講演会が前橋にて行われた。
炭焼きの師匠に連れられて私も参加。会場にて、炭と木酢液にならび炭アクセサリーも販売させていただいた。
やっぱり日々勉強だな。
それぞれの分野のエキスパートの話を聞くことで知識はなくても今の住宅の現状、外材はなぜ悪いのか、国産材の良さ。これからの山のこと。人体への影響。
住宅も農産物と同じ、トレサビリティー・ウッドマイルズの問題。やはり環境に配慮した循環型でなくてはならない。
そしてやはり炭!!!
循環型社会には炭は必要不可欠だと。
勉強になりました。
「森林の会」の懇親会にも参加させていただき、20年もつづくこの会。会長を努めるのは79才のお婆さん。
平均的に50才以上の方が多く、皆さんすごく勉強していて若々しくて素敵でした。
でも本当に危機感をもたなければならないのはこれから家をもつ私たち。
こんな素晴らしい勉強会に20代の参加者は私だけの様子。
もっと若い人達が怒りと危機感をもって参加できるような仕組みを考えていこうと思う。
どこにでも顔をだす私。今回も皆さんの前で、短時間で自己紹介をしなければならない。それで自分の印象が決まる。
最近はだいぶ慣れてきた。
宮下先生は本当に上手で、話しだすとみんなが引き込まれる。
自己表現。
どんどん参加してうまくなりたいな。
宮下先生より「人生の宝」とは、「本を読むこと」「旅をすること」「出会うこと」
また素敵な出会いをしました。
「森林の会」の皆様これからもよろしくお願いします!





トラックバックURL: http://iikarakan.81s.net/2006/11/2708/trackback/