誕生日会

2006/09/29 21:04 | コメント (3)

20060929210413

ブライダルの専門学校を卒業して8年、変わらずに誕生日会を開く仲間が8人いる。
今回は20才からプロの司会者として働くタエチャンの誕生日会。
実はこの誕生日会に私は毎回悩まされる。
何をプレゼントしたらいいかわからないのだ。
一生懸命、街を歩き考えるが、街には必要ない物が溢れ買いたいとは思えない。本当に物がありすぎだ〜!
結局、炭アクセサリー、藍染めした風呂敷、梅干し、おから茶、と自作品をプレゼントした。
でも、本当の悩みはプレゼントではないような、、。
学生時代は同じような価値観だったのが、今は私だけが浮き世場慣れした存在になってしまったため、彼女達の価値観が理解しにくくなってしまったことなのかもしれない!
彼女達は確かに仕事をこなす。
家事などできそうもないネイルアート、エステやエクステンションの話で盛り上がる中、なんとか話についていこうとする自分がいるが中々、厳しい。
みんなにとって私は変人なのかな〜?
27日に誕生日会を開いてからずっと心に引っ掛かっている。
今は歩む方向が違っても、大切な仲間は変わらない。
今は無理に合わせることを考えずに、、また、これから結婚して家族ができたり、様々な境遇で、離れたり歩み寄ったりするかもしれないけど、私は私なりの変人スタイルで、彼女達と付き合っていきたい。
そんなことを考えながら、片品に戻った。
さぁ!明日はカタカタ完成パーティーです!
近所のおばさんがカタカタ便の野菜、ニンジンの葉っぱでふりかけを作ってくれました!
うれしい〜


3件のコメント

  1. ken on 2006年9月30日 02:14

    ネットやっと通じるようになると思います。遅くなりましたが、、、、

  2. 戸丸廣安 on 2006年9月30日 08:23

    こんちゃ! 友の時夫さんが、しっかりしていてかつまた面白い人が居るというメールを今朝くれました。近くに下の人が住んでいるようだ、親戚の尾瀬ドーフの大将のところで汗を流しているようだとか、ちょっと小耳に挟んでいました。
    そういえば触れ込みのA4が届いていたっけ。ふしぎな世界をかもし出すのか、それとも都会に疲れたのか、それとも青い鳥を探しに目下かたしな体験中なのか、お茶会にでも都合がつけばおじゃましてお伺いしてもらおうかなとも思っています。
    エニウェー、ブラボー、ウィーラブカタシナアンドピ-ポーエンドユー!

  3. マナブ on 2006年10月1日 01:20

    本日は、おやきと豆乳なべ、ゴチソーさまでした。
    おいらは村に来て、5年になりますが村に本当の意味での「村びと」になるためには、まだまだかかりそうです。
    人それぞれ考え方が違うし、誰かと同じである必要はないだろうね。
    変人か変人でないかは、人と違うことをしていれば、変人だね一般的には。きっと。
    おいらも人と違うこと、違うやり方で生活しているので、ある意味変人なのである。そうっ!!変人なんだろうな・・・きっと・・・おいらも。
    目立つつもりはなくても目立つし、村出身でないだけで浮いてしまうこともあるしねー。
    まあそれでも、ここでの生活は楽しい!!楽しいのである。それだけで十分でしょう。
    やりたいことがあって、それに突き進めるのはある意味しあわせで、目的も見つからずフラフラしているよりは、よっぽどいいよね。
    夢に向かって邁進していけば、自ずと結果はついてくるもんじゃないのかな。おいらも、目指すは「超2流の園芸家」なのです。
    まだ、2年目じゃ「ひよこさん」だよ。気楽に行けばいいんじゃないのかな。無理すると持たないしねー。
    ここは、変人のおいらを受け入れてくれた地域だから、きっと受け入れてもらえるよ。




トラックバックURL: http://iikarakan.81s.net/2006/09/2673/trackback/