日本の朝ごはん

2006/04/02 23:03 | コメント (4)

今日は尾瀬ドーフにフードジャーナリストの向笠千恵子先生が取材にいらっしゃいました。渋谷で働いていた三年前に「何かがおかしい、、」と思い始めたころ、先生の「日本の朝ごはん」には多大な影響を受けました。まさか片品でお会いできるとは思わず、その上ゆっくりとお話を聞かせていただけました。私の炭焼きや生活塾にも関心を示してくださっていい一日でした。この記事は、るるぶに紹介されます!


4件のコメント

  1. 加藤@新治 on 2006年4月3日 15:27

    るるぶ尾瀬?
    尾瀬ドーフが載るのかい?

  2. ミチコ on 2006年4月20日 09:34

    いつもコメントありがとうございます。
    るるぶの6月号に掲載されるそうです!

  3. kaiです on 2007年4月2日 17:12

    「日本の朝ごはん」は、20年近く前、友人の新潮社の編集者と飲んでいるときに、「なんだかんだといって、日本人が日本人らしい食事をしているのは朝メシと正月だよな」という会話をしていて、そこから生まれた企画でした。

  4. ミチコ on 2007年4月2日 20:46

    そうなんですか!
    田舎生活を始めるのに土いじりに自信がなかった私。宿泊施設で働いてみたいと思わせてくれた本です。
    すごい!




トラックバックURL: http://iikarakan.81s.net/2006/04/2541/trackback/